新電力比較で確実にコスト削減! 一括見積の奨めと賢い選び方
ページ上へ
フッターメニューへスクロールするボタン

「新電力」をおさらい

2016年4月に解禁された「電力自由化」

新聞やニュースで言葉を聞いたがイマイチ理解しきれていない方も多いのではないでしょうか?

電力自由化や新電力についてよく分からない女性

従来、一般家庭への給電は東京電力関西電力など"電力9社"により独占的に供給されていたため、消費者には供給元の電力会社を選ぶ余地はなく、電気料金も「政府許可制」を良い事に価格競争原理が働くことはありませんでした。

主要電力各社ロゴ

"許可制"と言えばしっかりと検討されている料金のようにも聞こえますが、実際は、

電力会社と政府側の都合だけで決定された茶番の基準

と言わざるを得ない状況でした。

長い年月あまりに当たり前に電気料金を支払ってきたためピンと来ない方も多いかもしれませんが、
同様に政府許可により料金決定されているタクシー料金高速道路料金を見れば「何を基準に決められたの?」と疑問が湧いてくると思います。

実は法律で決められているタクシーの初乗り運賃

今回の改定では合法的に独占されていた電力業界に一般企業が参入できるようになったことで、各社が魅力的なプランや積極的な料金引き下げを打ち出し、結果消費者の電気料負担を下げよう!という趣旨なのです。

電力自由化後の電力会社と利用者の関係

過去、規制緩和で料金相場がガクンと下がった事例では、固定電話インターネット回線携帯電話などが記憶に新しいところです。

サイト案内イメージ

ライバル業者が増えれば価格競争が生じて料金が下がる。
こんな小学生でも判る当たり前のことを国家レベルで実施したのが「電力自由化」であり、新たに参入した電力会社を「新電力」と呼んでいます。

新電力による電気を送る送電線

どのくらい変わるの?

これまでの一般電気事業者は発電に費やした費用を全契約者数で割って請求する"総括原価方式"を用いています。
言い方を変えれば多少コストが掛かっても最終的には電気料金を上がれば良い。という通常の会社ではあり得ないような殿様商売が成り立っていたのです。

それでは新電力では一体どれほどの節約が可能なのでしょうか。

様々なケースがありますが、
一般家庭でおおよそ5%〜10%の料金差が出ると言われています。

サイト案内イメージ

たったそれだけ??
そう思うかもしれませんが、毎月必ず発生する電気料金を削減することは大きな節約に繋がります。

電気料金を節約して少しでもお得な生活を

例えば、
4人家族の年間平均電気料は150,000円です。

5%の削減▲7,500円

10%削減▲15,000円

これだけお得になるのです!
当然5年・10年で見ればその差は10万円を超えます。

さらに、オフィスや店舗・マンション・工場など月間数万円〜数十万円の電気料金を支払っているなら、年間10万円を超える削減も珍しくありません。

削減事例

一般家庭

年間電気料金18万6,265円 ⇒17万3,785円

削減 ▲1万2,480円(6.7%減)

一般家庭の電力事情
クリニック

年間電気料金121万円 ⇒110万8,360円

削減 ▲10万1,640円(8.4%減)

医院やクリニックの電力事情
オフィスビル

年間電気料金245万円 ⇒219万300円

削減 ▲25万9,700円(10.6%減)

オフィスビルの電力事情
マンション経営

年間電気料金412万円 ⇒395万9,320円

削減 ▲16万680円(3.9%減)

マンション経営側から見る電力事情

生活していく上、事業を営んでいく上で必ず必要な電気は省くことのできない出費ですが、新電力に変更しても電力が弱くなったり停電リスクが増えるようなことは一切ありません。

サイト案内イメージ

各社が名乗りをあげ一気に相場が下がるこのタイミングで削減しない手はないのです。

賢く削減するなら「比較」が必須!

現時点で新電力として参入している企業は約1,000社、特徴や料金プランも様々。
その中から自身のエリアに対応した最も安い業者を探すのは中々骨が折れる作業です…

実は、そんな面倒な検討を"無料"で丸投げできるサービスが存在します。
いわゆる「一括見積り比較」というもので、物件の所在地や既存電力会社・その他条件を入力すると各新電力会社へ一斉に見積り依頼ができるというサービスです。

電力会社を自由に選択できる新電力制度

一括見積りサービス自体は引っ越し業者選びや保険会社選びの業界では当たり前に利用されていて、最近になり電力業界にも数社が参入してきたものです。

ある程度規模のある商業施設や事務所でしたら、同サービス経由で見積りを行うと通常プランには無い優遇条件を提示してくることもあります。

インターネットが発達した現代では、引越し業者選びや水漏れ修理業者選びなど何かにつけて比較できるサービスが整っています。
電力もその例外ではなく、比較により最もお得な1社を選べる時代になったのです。

サイト案内イメージ

いずれにせよ完全無料で利用できるサービスなので
「どんな会社があるのか?」
「いくら位削減できるのか?」
というアタリをつけるためにも試してみる価値は十分あります!

お奨め一括見積サービス

店舗・オフィス・商業施設なら「新電力一括.jp」

新電力一括.jpのクリーンショット
サイトの特徴

中小の店舗やオフィス、マンションなどを得意とするサービスです。
最短数分〜というスピード見積と料金だけでなく導入実績も合わせて提示してもらえるのでより安心して事業者選びが可能です。

公式サイト内では一括比較のメリットがわかりやすく説明されており、初めて利用する方にも優しいサービスとなっています。

なお、利用に際しては条件を的確に伝え、見積結果を冷静に検討するためにも「一括お問い合わせ」よりフォームで依頼することをお奨めします。
電話は手っ取り早い反面、言った言わないや伝達ミスに繋がる恐れもあり、文章で残すことを強く推奨します。

取り扱い量で選ぶなら「新電力一括見積りnavi」

新電力一括見積もりnaviのスクリーンショット
サイトの特徴

全国50,000件以上の見積対応実績を持ちます。
大手企業にも導入実績があり、高額見積にも対応できる実力があります。

登録事業者数で選ぶなら「新電力バンク」

新電力バンクのスクリーンショット
サイトの特徴

サイト内で地域別供給可能事業者数を確認できる新電力バンク。
事前に対象地区の事業者数を把握しておくことで「思いの外回答が少なかった」「大量の会社から連絡があって大変だった」ということが起きにくいよう考えられています。

一括見積りの流れ

STEP1条件入力

まずは物件の所在地既存電力会社など見積依頼に必要な情報を入力します。

まずはご自宅の所在地を入力
STEP2一括見積り実施

入力された情報を元に一括見積サービスから各電力会社に情報が伝達されます。
電力会社はこの情報を元に大凡の金額と削減率などを算出します。

情報から新しい電気料金と削減率などが算出される
STEP3候補電力会社から連絡

対象物件に対して電力供給が可能な各社から見積結果の連絡があります。

見積もり結果の連絡をもらう

注意点

見積内容は電話による口頭だけでなく、メールや書面をもらいましょう。
いざ契約になった時に"言った言わない"になるのはとても面倒ですので…

STEP4比較・検討

早い会社は数時間で見積が来ますが、2・3日待てば供給可能電力会社からの見積が出揃ったと考えてよいでしょう。

それぞれの料金プランやメリットを比較して最もコスト削減に繋がる業者を選びましょう。

様々な新電力会社で料金・サービスなどを比較

一括見積りの仕組み

ちょっと感の鋭い方なら一つ疑問が浮かぶかもしれません。

何故一括見積比較サービスは無料なの?

サイト案内イメージ

実は比較サービス各社は見積りを取ることで電力会社から"1件いくら"のバックマージンが発生しています。
もしくは、複数の見積りの中からA社との契約が決まればA社からその見返り報酬を手にすることができるのです。

一括見積もりの流れ

新電力一括見積もりの流れ

彼らはその報酬を元に運営費用や広告費を捻出し、サービスを運用しています。

ただ、営利企業であれば当たり前の仕組みで結果的には消費者である私達は無料でベストな電力会社を見つけることができ、その電力会社は広告費として多少の報酬を支払ってもお客様が増える。というWIN-WINな関係が成り立っているのです。

皆様の削減事例

一言に"新電力で削減"と言っても一般家庭〜中規模工場や商業施設まで様々です。
もちろん規模や地域によってベストな選択肢が変わってきます。

新電力の料金見積もり
サイト案内イメージ

当サイトでは、新電力会社化により削減に成功した事例をご紹介していきます!